静岡・静岡市の整骨院 交通事故治療・むち打ち

トップページ » ニュース » 自律神経の乱れにともなう病気(SGL療法)

2012年11月19日

自律神経の乱れにともなう病気(SGL療法)

   ご存知のとおり自律神経は「交感神経」と「副交感神経」からなっています。

   普段はヤジロベーのように「交感神経」と「副交感神経」のバランスは保たれ安定しているのですが、ストレスや不安、痛みを感じると自律神経は 交感神経 > 副交感神経 の状態となり、「交感神経」が優位となります。その結果、血管が収縮し脈拍が速くなり、血流の悪化をまねきます。
   この状態が続いてしまうと症状が悪化したり、他の症状が発生してしまうなどの悪循環を引き起こします。

   このような症状に対して、興奮した「交感神経」を落ち着かせ、「副交感神経」を優位の状態にして症状を緩和・改善していく治療法があります。「星状神経節近傍照射(SGL)」といわれるもので、従来の「星状神経節ブロック(SGB)」と比べて安全で副作用がほとんどないのが特徴です。

 SGLは首のノド付近にある「星状神経節」に近赤外線をあてることで、「交感神経」の興奮を鎮めて、「副交感神経」を優位の状態にします。
その結果、自律神経が乱れたことでおこる痛みや症状を緩和します。

症状の程度や個人差によって、1回で症状が緩和したと感じられる方もいらっしゃいますが、5回~10回程治療すると効果的ですので継続することが大切です。

<こんな症状でお悩みの人におすすめです>
   ○交通事故後の後遺症による頭痛や肩こり、身体の痛み
   ○自律神経失調症
   ○不定愁訴(頭痛、めまい、耳鳴り)
   ○VDT症候群
   ○アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、小児喘息
   ○レイノー病(レイノー症候群)
   ○肩こり、肩関節周囲炎(五十肩)、頚椎症、頚肩腕症候群
   ○緑内障
   ○更年期障害 など

<治療法>
 ベットにあお向けに寝た状態で、首のノド付近に約10分 近赤外線を照射します。

 ☆血流改善効果は照射後15分以上経過してからあらわれる場合が多いため、照射後20分程度は安静にしてください。
 ☆治療後に軽い「めまい」や「だるさ」がおこる場合がありますが、これは「交感神経」の緊張が緩み、急に血流がよくなったために起こる好転反応です。一過性のものですので、しばらく安静にすれば治まります。

<料金の目安>
  本治療は保険外治療となります。
  初回1500~2000円程度、2回目以降1000円程度
  ※お電話で予約をしていただくと、優先的に治療いたしますので事前の予約をおすすめします。


ページの先頭へ
静岡 SEO対策