静岡・静岡市の整骨院 交通事故治療・むち打ち

トップページ » ニュース » むちうち

2012年11月12日

むちうち

交通事故での追突などの衝撃により、強制的に首が曲げられて伸ばされてしまうと頚部が損傷します。
ムチを打ったときのしなるような動きに似ていることから「むちうち損傷」と呼ばれています。

「むちうち損傷」は、頚椎の骨損傷や椎間板の損傷を伴わない頚椎の捻挫です。

「むちうち損傷」は、痛めた直後すぐに治療することがとても大事になります。
事故直後は興奮状態にあり気が動転してしまうなどして、交感神経が優位に働くため、痛みなどの症状を感じないこともあるようです。
しかし翌日の朝になり、起きるときに首が痛くて動かせないなどの症状や、頭痛やめまい、吐き気などの不定愁訴を伴うことも少なくありません。

痛みがひどいときは首を安静にすることで症状が軽減する場合がありますので、早期に頚椎カラーなどで頚部を固定することが重要です。

当院では交通事故での怪我や負傷は「むちうち損傷」に関わらず、早期回復し社会復帰して元通りの生活ができるようにあらゆる治療法を検討して施術します。
必要に応じて整形外科やペインクリニックなどの医療機関への受診も併用してすすめる場合もあります。


交通事故の怪我や負傷で治療方法などお困りのことがありましたら当院へご相談ください。


ページの先頭へ
静岡 SEO対策